高齢者の身元保証人の役割とは

日本の少子高齢化問題化は深刻化しており、出生率の低下と同時に総人口の4人に1人は65歳以上の高齢者になっているという、非常に高い人口比率になっています。超高齢社会に突入しながらも今後ますますその比率は高くなっていくと予測されているのです。

核家族化の進行など家族形態が変化していく中で、特に都心を中心に高齢者の単独世帯などが増えており心身機能の低下に伴って在宅生活が困難になるケースが増えているのです。


増え続ける介護が必要な高齢者を社会全体で支えていくシステムを確立するために平成12年4月に介護保険法が施行されました。

この保険制度によって介護が必要になった場合には、1割〜2割の自己負担金でサービスが利用できるようになり、福祉施設の数も増えています。

1人1人に合った高齢者の身元保証の情報ならお任せください。

在宅生活が困難になった場合には老人ホームなどの福祉施設に入所することによって、24時間介護を受けられる場所で安心して生活が出来るのです。要介護者がこれらの施設に入所する際には身元保証人を求められる場合がほとんどです。

契約書には身元保証人を記載する箇所が有り、契約書の中には身元保証人の役割も明記されています。



まずは利用料の支払いに対して契約者と連帯の債務を負うことになり、契約者の利用料の支払いが滞った場合にはその支払いを代わりに負う必要があります。

さらには、体調不良や緊急時の場合には連絡を取ってその報告と様々な判断を求められる立場でも有り、身元保証人はその入居者の処遇に関しても判断して決定する場合もあるのです。



特に高齢者は年齢と共に心身機能が低下していく為に、様々な意志決定が行えなくなったり緊急入院を行う可能性も出てきます。様々な状況の変化に応じてその利用者にとってより良い処遇が行われるように判断していく大きな役割もあるのです。