一人暮らしの高齢者とその身元保証

高齢者は子供が居たりすることも多く、その身元保証では子供がなるのが一般的ですが、最近は未婚率の上昇で子供が居なかったり、子供を親よりも早く死亡するケースも存在します。

高齢者の身元保証に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

そのため一人暮らしの方が増える傾向があります。


実際に一人暮らしの老人の割合も2035年までは上昇していくと試算も出ており、現在でも一人暮らしの老人もおり、さらに今後も増えるだろうと予測することが可能です。
特に体の不自由が利かなくなった高齢者では、医療機関の入院、介護施設の利用などの側面で身元保証を必要とします。その役割は手続きや書類などの作成の他に、医療費や介護費の支払いなどで支払い能力のある保証人がどうしても必要です。
他にも施設に入居した場合、退去した場合の使用していた物品の受け取り、亡くなってしまった場合は遺体を引き受けるべき存在となります。


多くは子供や兄弟姉妹などの親せきがなりますが、身寄りが存在しない高齢者も多くなり、その場合の身元保証をどうするかが課題です。



まず高齢者の介護施設などで身元保証自体を必要としない施設も存在するため、それを積極的に利用する方法があります。

また身元引受人サービスを展開している民間の団体や企業が存在するため、そういった企業にあらかじめ依頼をする方法も存在します。



民間の団体としては、法律上の問題に発生することもあり弁護士法人、専門的に取り組んでいるNPO法人・公益社団法人が存在します。
なお高齢者の身元保証は、自身が手足が動く元気なうちにあらかじめ将来のことを考えて、積極的に情報を得て依頼しておくというのが一番優れています。