ファクタリングによる即日現金化とは

企業を経営している人にとって、商取引などで発生した売掛金の回収はできるだけ迅速に行われることが求められます。しかしながら取引先の経営状況によっては、即日とは行かないまでも支払いそのものが滞ってしまって、思うようにできない状況も起こることが考えられます。
通常はこれらの二者が、サービスを提供した側が提供した先に対して請求行為の権利である債権を有する債権者となり、提供された側は提供した側に対して一定の期間内に対価分を支払う義務がある債務者の関係になります。
提供側としては日々の運転資金や次の投資や事業展開への準備をするので、一日でも早く回収できることを望みます。
業績悪化などによって、即日に支払いを受けたい場合や銀行の融資を断られてしまった場合ではなおさらのことです。

ファクタリングのおすすめ情報を探すならこちらです。

こうした要望に対応するのがファクタリングです。


これは、発生した売掛金などの債権をファクタリング会社が買い取った上で、債権者に相当額を支払うものです。

こうすることで債務者は迅速に資金を得ることができるので、運転資金の工面の必要がなくなり、次の事業への投資もしやすくなります。



例としては、債権者とファクタリング会社との二者で行う形式があります。



この場合は、債務者である取引先に債権の譲渡は通知されない上に、即日での現金化も可能になります。


二者のみで完結するので取引はスムーズであり迅速な対応であると言えます。


中小企業では資金調達方法として、民間金融機関からの借り入れと並んで用いられている手法です。